活動日誌

うお泊屋久島モニターツアーレポートvol.03 【大学生・若者編】
活動日誌 · 2022/03/03
うお泊屋久島のモニターツアーも第3弾までやってきました。今回は、大学生や20代の若者向けにうお泊屋久島体験をしてもらうとモニターツアーを企画しました。海と魚をテーマにした学びのある体験を提供してもらい、参加者がどんなことを感じてもらえるのか?やってみてもらおうというのが今回のモニターツアーの主旨です。 第1回につづき、コロナ禍の影響もあり、旅で訪れる大学生を集めることが色んな意味で難しいということで、屋久島の島内で20代の参加者を募り、ツアーを実施することになりました。今回、われわれうお泊屋久島が参加者としてターゲットにしたのが、SDGsやサステナブル、環境問題などに関心の高い若者でした。 今回は、屋久島で環境教育をしている施設のスタッフさんたちが参加してくれることになり、どんな反応が返ってくるか主催者としても楽しみなモニターツアーとなりました。
うお泊屋久島モニターツアーレポートvol.02 【屋久島親子編】
活動日誌 · 2022/02/10
前回のブログでツアーレポートをした観光客向けのツアー体験ですが、ツアー募集の際に、屋久島に住む地元の親子からも体験したいとお問合せを頂いていました。せっかくやってみたいというお声掛けを頂いたので、屋久島・島内向けのツアープランとして、実施させてもらいました。 遊漁船に乗って釣りをして、魚を〆る。その後、「漁師の暮らし体験宿ふくの木」にて魚捌きと調理体験をして、最後に「けい水産」で燻製の製造見学へ行き、お魚を燻製にしてもらいました。

うお泊屋久島モニターツアーレポートvol.01 【観光客・親子編】
活動日誌 · 2022/02/01
「子どもたちが”魚を〆させてもらった時”複雑な想いだった…。」 これは、親子でうお泊屋久島のツアー体験をしてくださったお母さんの言葉でした。 うお泊屋久島では、”釣って、捌いて、美味しい体験”を屋久島の海や魚を通して提供しています。この体験を通して、我々が伝えたいこと、届けたいことは、”泳いでいる魚が食卓にあがるまでのストーリー”を身をもって知ってもらう、感じてもらうことです。
鹿児島の小学生に「食の循環を伝える」うお泊体験をお届け!
活動日誌 · 2021/10/25
2021年10月17日(日)に海と日本PROJECTin鹿児島実行委員会が実施した「われはうみの子探検隊~世界自然遺産の海~」の体験活動のひとつとして、うお泊屋久島が「食の循環を伝える」体験を提供しました。 屋久島の松峰大橋の近くにひっそりと佇む、「ゲストハウス...

うお泊屋久島が大切にしたいこと~われわれの価値観の再考~
活動日誌 · 2021/09/01
2020年6月に動き始めた「屋久島ブルーツーリズム推進協議会」=うお泊屋久島。あれから1年以上が経って、あらためてわれわれの足元を見つめなおしてみよう。協議会発足時に、理念やビジョンを掲げたものの、実際に鹿児島の他地域の視察や自分たちのアクションを通じて、われわれの中にも少なからず変化が生まれてきているのではないか?そんな疑問が浮かんできました。 そこで、今回はワークショップ形式で、うお泊屋久島メンバーが大切にしたいことについて、対話とそこから生まれるストーリーを絵として描くことで、言語化してみることになりました。

 

令和2・3年度 農山漁村振興交付金(農泊推進対策(農泊推進事業、人材活用事業))

屋久島ブルーツーリズム推進協議会「うお泊やくしま」事務局
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2457-288